塗り薬が目に入ってしまった際の対処法

長く濃いまつ毛は女性の憧れです。そのためつけまつ毛をつけたり、長さやボリュームをアップできるマスカラを使ったりして、まつ毛を長く濃く見せるメイクをしている女性も少なくありません。しかしこうしたメイクはまつ毛に負担をかけ、そのために大切なまつ毛が抜けてしまうこともあります。やはり、元々のまつ毛が長くなることに越したことはないのです。
実は、まつ毛は薬によって長くすることができます。その薬というのがルミガンです。ルミガンの有効成分・ビマトプロストは緑内障や高眼圧症の薬として長年使われてきたものですが、この薬を使って治療をしている患者にまつ毛が長くなるという副作用が出たことから、まつ毛の育毛剤としての効果が認められました。ボトックスの製造元として知られるアメリカのアラガン社が開発・製造しているもので、アメリカのFDAがまつ毛用の育毛剤として世界で初めて承認しており、効能・安全性ともに信頼でき、安心して使うことができます。
現在、日本でこれを購入するには基本的には医師の診察が必要となります。薬局・ドラッグストアなどでは購入することができません。ただし、通販で個人輸入することは可能です。取り扱っている通販サイトはいくつかあり、価格も違っているのでよく比較しましょう。また、医師の診察を受けて病院で購入した場合と違い、通販の場合は自己責任で使用することになるので注意が必要です。
ルミガンはアプリケーターもしくは綿棒で、上まぶたの生え際に塗っていきます。元々点眼薬として開発されたものなので、目に入っても特に心配はいりませんが、まれに目のかゆみや乾き、充血、違和感、眼圧の低下などの副作用が起きることがあります。その場合はすみやかに使用を中止しましょう。

ルミガン使用の前に購入元をチェック!

多くの女性に愛用されているルミガンですが、皆さんどこで購入しているのでしょうか。
ルミガンにはビスマプロストという成分が含まれており、国内では医薬品として扱われています。
この成分は、緑内障や高眼圧治療薬として使われているため、主に眼科の治療に役立っています。
また、医薬品は医師の処方箋なしに処方されることは認められておりません。
美容目的で処方するのも難しいという点に問題があります。
しかし、このルミガンですが、海外ではまつげ美容医薬品として個人が購入することが認められています。
米国でも2009年に認められているので、多くの女性に愛用されるようになりました。
海外で認められたおかげで、国内でもインターネット通販を通じて購入することができるようになりました。
人気の高い商品であり、品切れ状態になる程です。
しかし、購入する際に注意してほしいのが、購入元の会社がどこなのかということを注意してください。
インターネット通販は、相手の顔が見えないので、会社情報を調べたり、口コミを見て安心してお取引できる会社で購入することが大切です。
女性にとって、長くて、濃くて、太いまつげは物凄く憧れます。
また、日頃のメイクでダメージを受けてしまい、折れ曲がったり、切れて短くなったまつげにもルミガンは効果があります。
普通の美容成分のみならず、医薬品としての効果が認められるほどの成分を含有するまつげ美容液は、絶大な効果が期待できます。
ルミガンを使うことで、アイメイクをする必要がなくなったという方や、まつげエクステに行く時間もお金も節約できたという人もいます。
何よりも、嬉しいのは通販で購入でき、忙しくても手に入れることができる、点です。
多くの方が、安全にそして安心して使用できる商品です。